HYDEE.Ⅱ

TYPE
COLOR
Black
SIZE
MATERIAL
PRICE
¥137,800+tax
Manufacturer
BRIDGESTONE

SPEC

FORM

HISTORY

MATERIAL

FUNCTION

PRICE

PRODUCT DETAIL

『HYDEE.Ⅱ』は、世界最大手のタイヤメーカーブリヂズトンと主婦に絶大な人気を誇るファッション誌VERYが共同開発した、電動アシスト付きの「THE 子乗せ付き自転車」。

開発のきっかけは、5年前に遡ります。

当時、VERY編集部には多くのママやパパから、子乗せ付き自転車に対する不満の声が数多く届いていました。
「もっと見栄えが良くて、かっこいい自転車に乗りたい。」
しかし、子どもを乗せる上で必要不可欠な安全性・機能性を満たそうとすると、スタイリッシュなデザインにすることは難しくどのメーカーも諦めていたのです。

そこでVERY編集部では、ママやパパが本当に満足できる子乗せ付き自転車をつくりたいとブリヂストンに持ちかけ、デザインのトータルディレクターとしてTHEのクリエイティブディレクター水野を起用しました。
2年近い年月をかけて開発された『HYDEE.B』は、太いタイヤを使ったスポーティなシルエットや無駄な装飾のないシンプルなボディが話題となり、2011年6付きに発売されるなり瞬く間にヒット。
わずか3花月で当初の年か塗りあげ目標だった3,000台を突破し、年間1万台以上を売る大ヒット自転車となったのです。

しかし、『HYDEE.B』にはひとつだけ問題がありました。
それは、チャイルドシートが後ろに1つしかついていないこと。
デザインと安全性の双方を満たそうとすると、前にもチャイルドシートをつけることはどうしても難しかったのです。
ですが、子どもを2人乗せられる自転車がどうしても欲しい、という強い声を受け、2013年、2人子どもを乗せられる新生・HYDEEの開発がスタートしました。

フロントシートをゼロから設計する必要があったため、トータルディレクションはTHEで担当することに。
安全基準を満たしながらデザイン性も高いフロントシート開発のため細部まで検証を重ねました。
一般に、フロントシートがついている自転車は、足を開かないとうまく漕げないものが多かったのですが、ハンドルとサドルの間を広めに取ることでがに股になることを防ぐなど乗る人への配慮も徹底しました。

かくして、”THE 子乗せ付き自転車”と呼ぶに相応しい『HYDEE.Ⅱ』が完成。
2014年2付きに発売されて以来、製造が追いつかないほどの大人気自転車となりました。

将来的には前後のチャイルドシートを取り外し、スタイリッシュな電動アシスト付き自転車として長く愛用できます。

RECOMMEND PRODUCTS

  • THE SHOPPING BAG
FILTER
APPLY