THE 大椀

THE
TYPE
桐箱
COLOR
朱 / 黒
SIZE
12.5×12.5×7.5cm
MATERIAL
栃の木 / 漆
PRICE
¥33,000
Manufacturer
五代目辻石齋
BUY ONLINE

SPEC

FORM

HISTORY

MATERIAL

FUNCTION

ENVIRONMENT

PRODUCT DETAIL

過去に生まれた数多くのお椀の中で、最も有名なひとつであり、名品と讃えられるのが、北大路魯山人による「日月椀」です。
日月椀は、北大路魯山人と、加賀・山中塗の名塗師である二代目辻石齋が共作した傑作。
季節を感じる絵柄を入れるものとされていたお椀に、太陽と月(日月)を描くことで、季節関係なくいつでも使え、ながく愛用されるお椀に仕立てたと言います。

辻家の歴史は江戸時代にまで遡ります。初代辻石齋は、木地師として出発しました。二代目辻石齋は、明治時代に加賀蒔絵の第一人者となり、木地師、塗師としてその名を高めます。同時に、芸術家として美食家として多彩な才能を発揮した北大路魯山人に、漆器の造形と蒔絵の指導をし、互いの感性を磨きました。
やがて二人が辻家の工房で共作したのが、名作「 日月椀」です。
以降も、辻石齋の手による漆器茶道具は、三千家御用達となるなど、当代(五代)に至るまで多くの茶人の心をとらえ続けてきました。

『THE 大椀』は、当代である五代目辻石齋氏の全面協力を得て、辻石齋氏自らが作り上げた椀。魯山人の時代に生み出された日月椀とまったく同じ形状で、製造工程もほぼ同じです。唯一異なるのは、和紙を用いた一閑張りを施していないことのみ。栃の木を使い、 丁寧な手仕事を重ねてつくり上げています。
現代において、より日用に適し、ながく愛されながく使い続けて頂くために、無地の日月椀を作りました。

通常、この価格で販売することはできませんが当代辻石齋氏の賛同の下、年間で生産する量を限定することで実現しました。

※漆器は取り扱いが難しいと思われがちですが、普通の食器と同じように、スポンジに食器洗い用洗剤(研磨剤なし)をつけて洗っていただけます。ただし、直火、電子レンジ、オーブン、食器洗い洗浄乾燥機等でのご使用はお控えください。

太陽と月を描いた日月椀はTHE SHOP SHIBUYAでお買い求めも可能です。

RECOMMEND PRODUCTS

  • THE “玉子焼き器 関西型”
  • THE 椀
  • THE COASTER
  • THE “RICE SHARPENING COLANDER”
  • THE LUNCHBOX
  • THE UNBREAKABLE GLASS
  • THE “COLANDER & BOWL”
  • THE “WOODEN TRAY”
  • THE “SPONGE WIPE”
  • THE GLASS SLEEVE
  • THE WET TOWEL
  • THE “おろし金”
  • THE “MEASURING CUP”
  • THE COOKING PAPER
  • THE GLASS
  • THE CUTLERY Gift box
  • THE 醤油差し
  • THE “THERMOS BOTTLE”
  • THE CUTLERY
  • THE “APRON”
  • THE SPONGE / THE KITCHEN SPONGE
  • THE SOAP
  • THE “WOODEN MILL”
  • THE “RIMMED PLATE”
  • The Magic Water (Multi Cleaner)
  • THE “STAINLESS PEELER”
  • THE “盛りざる”
  • THE PLATE
  • THE HAND SOAP
  • THE 飯茶碗
  • THE “KITCHEN KNIFE”
  • THE 飯茶碗(唐津・備前・美濃)
  • THE “日月椀”
  • THE “KITCHEN TOOLS”
  • THE KITCHEN CLOTH
  • THE “WINE GLASS”
  • THE 箸
  • THE “LADLE”
  • THE CLEANING CLOTH
  • THE “PORTABLE GAS STOVE”
  • THE “WATERPROOF CASE”
FILTER
APPLY