THE LUNCHBOX
THE LUNCHBOX

THE LUNCHBOX

長く使って頂ける上に、リサイクル効率も良く、見た目にも美しいアルミのお弁当箱

BRAND
THE
RELEASED ON
2013/04
SIZE
375ml : 12×8×4.5cm
MATERIAL
アルミニウム
MANUFACTURER
アカオアルミ株式会社
CERTIFICATION
SGS-CSTC

SPEC

FORM

HISTORY

ENVIRONMENT

FUNCTION

MATERIAL

日本の食文化のひとつ、「お弁当」。お弁当箱におけるTHEとは何でしょうか。樹脂製のお弁当箱が増えた昨今ですが、『THE LUNCHBOX』の素材は、敢えてアルミを選びました。どこか懐かしい印象のアルマイトのお弁当箱が、実は近年、見直されつつあるからです。軽くて丈夫。表面の酸化膜によって、プラスチックに比べ傷が付きにくい性質を持っています。そのため、傷に細菌が入りこみにくく衛生的。腐食も殆どありません。長く使って頂ける上に、リサイクル効率も良く、見た目にも美しいアルミ素材が、THE LUNCHBOXに相応しい素材と考えました。最近では、アルミ製のお弁当箱を持ってくるよう指示する幼稚園も増えているとか。理由は、温蔵庫でお弁当を温めることが可能なため。樹脂製の弁当箱は熱で変形してしまいますが、アルマイトのお弁当箱は熱に強く、しかもステンレスの15倍の熱伝導率を持つため、素早く温められるのです。(※電子レンジではご使用いただけません)製造は、素材から製品まで手がけるアルミ総合メーカー、アカオアルミ。刻印が入る前の1円玉の原型を作っていることからも、その技術の高さがわかります。一般的なアルマイトの弁当箱よりも底面積を小さくし、その分高さを出すことで、持ち運びしやすくカバンの中でも邪魔にならない形状を実現しました。容量は375ml。お子様は一つ、 大人はご飯用とおかず用で二つ使って頂くとちょうどいいサイズです。また、通常のアルマイト弁当箱よりも上蓋を長くすることで、蓋を外れにくくし、汁漏れなどが起きにくい設計にしました。蓋の開閉が非常にスムーズなのも特長です。ところで、お弁当における日本人の原風景をたどったとき、必ず浮かんでくるのが、「日の丸弁当」。実はこの『THE LUNCHBOX』には、小さな仕掛けが隠されています。梅干しにはある一定のサイズ規格がありますが、最も大きなサイズの梅干しを、ごはんを敷き詰めた『THE LUNCHBOX』の中央に配置すると…日本の国旗とまさに同じ比率の「日の丸弁当」が完成する仕組みになっています。 【使用上のご注意】電子レンジ、直火、IH電磁調理器、オーブン及びグリルでの使用はできません / 調理直後の食品を入れると、 容器も熱くなりますのでお気を付けください / 汁漏れの少ない設計ですが、 水気のものを入れて横にすると漏れる可能性がありますので、 ご注意ください / キズがつくと腐食しますが無害です / 食器洗い機の使用は避けてください。 食器洗い機に多いアルカリ性洗剤は表面をキズつけ、変色·腐食の原因になります / お手入れにはアルカリ性洗剤(漂白剤や食器洗い機用洗剤など)を使用しないでください。 腐食の原因となります / スポンジにご家庭用の中性洗剤をつけてゆっくり洗ってください。端面で手を切ったりしないようにご注意ください。 洗ったあとは、腐食防止のために十分に水を切って乾燥させてください / 金属タワシ、ナイロンタワシ、 磨き粉で磨くと表面をキズつけることになりますので、お避けください / 金属製の鋭利な調理器具をお使いの際は、内面をキズつけないようにご注意ください。 木や竹、 プラスチック製等のものをご使用になりますと、長くお使いいただけます / 腐食や変色防止のため、長時間(めやすとしては一昼夜以上)にわたり調理物を入れたままにしないでください / 長くお使い頂きますと、フタの内側等、摩擦によってアルマイト層がはがれ黒くなることがありますが、無害ですからご心配いりません。クレンザーやスチールたわしで落とすことができます。ただしそのままにしておくとすぐに黒変化しますので、水を入れた鍋にアルミ容器と市販の米ぬか、又は野菜屑を入れて10~15分ほど煮沸します。 そうすると、 黒変化が起こりにくくなります。  THE公式ハッシュタグ:#THE_LUNCHBOXTHE公式ハッシュタグリスト(公式note):THE公式ハッシュタグリストができました
詳しく読む

日本の食文化のひとつ、「お弁当」。
お弁当箱におけるTHEとは何でしょうか。

樹脂製のお弁当箱が増えた昨今ですが、『THE LUNCHBOX』の素材は、敢えてアルミを選びました。どこか懐かしい印象のアルマイトのお弁当箱が、実は近年、見直されつつあるからです。軽くて丈夫。表面の酸化膜によって、プラスチックに比べ傷が付きにくい性質を持っています。そのため、傷に細菌が入りこみにくく衛生的。腐食も殆どありません。

長く使って頂ける上に、リサイクル効率も良く、見た目にも美しいアルミ素材が、THE LUNCHBOXに相応しい素材と考えました。

最近では、アルミ製のお弁当箱を持ってくるよう指示する幼稚園も増えているとか。理由は、温蔵庫でお弁当を温めることが可能なため。樹脂製の弁当箱は熱で変形してしまいますが、アルマイトのお弁当箱は熱に強く、しかもステンレスの15倍の熱伝導率を持つため、素早く温められるのです。(※電子レンジではご使用いただけません)

製造は、素材から製品まで手がけるアルミ総合メーカー、アカオアルミ。刻印が入る前の1円玉の原型を作っていることからも、その技術の高さがわかります。一般的なアルマイトの弁当箱よりも底面積を小さくし、その分高さを出すことで、持ち運びしやすくカバンの中でも邪魔にならない形状を実現しました。
容量は375ml。お子様は一つ、 大人はご飯用とおかず用で二つ使って頂くとちょうどいいサイズです。また、通常のアルマイト弁当箱よりも上蓋を長くすることで、蓋を外れにくくし、汁漏れなどが起きにくい設計にしました。蓋の開閉が非常にスムーズなのも特長です。

ところで、お弁当における日本人の原風景をたどったとき、必ず浮かんでくるのが、「日の丸弁当」。
実はこの『THE LUNCHBOX』には、小さな仕掛けが隠されています。梅干しにはある一定のサイズ規格がありますが、最も大きなサイズの梅干しを、ごはんを敷き詰めた『THE LUNCHBOX』の中央に配置すると…
日本の国旗とまさに同じ比率の「日の丸弁当」が完成する仕組みになっています。

【使用上のご注意】
電子レンジ、直火、IH電磁調理器、オーブン及びグリルでの使用はできません / 調理直後の食品を入れると、 容器も熱くなりますのでお気を付けください / 汁漏れの少ない設計ですが、 水気のものを入れて横にすると漏れる可能性がありますので、 ご注意ください / キズがつくと腐食しますが無害です / 食器洗い機の使用は避けてください。 食器洗い機に多いアルカリ性洗剤は表面をキズつけ、変色·腐食の原因になります / お手入れにはアルカリ性洗剤(漂白剤や食器洗い機用洗剤など)を使用しないでください。 腐食の原因となります / スポンジにご家庭用の中性洗剤をつけてゆっくり洗ってください。端面で手を切ったりしないようにご注意ください。 洗ったあとは、腐食防止のために十分に水を切って乾燥させてください / 金属タワシ、ナイロンタワシ、 磨き粉で磨くと表面をキズつけることになりますので、お避けください / 金属製の鋭利な調理器具をお使いの際は、内面をキズつけないようにご注意ください。 木や竹、 プラスチック製等のものをご使用になりますと、長くお使いいただけます / 腐食や変色防止のため、長時間(めやすとしては一昼夜以上)にわたり調理物を入れたままにしないでください / 長くお使い頂きますと、フタの内側等、摩擦によってアルマイト層がはがれ黒くなることがありますが、無害ですからご心配いりません。クレンザーやスチールたわしで落とすことができます。ただしそのままにしておくとすぐに黒変化しますので、水を入れた鍋にアルミ容器と市販の米ぬか、又は野菜屑を入れて10~15分ほど煮沸します。 そうすると、 黒変化が起こりにくくなります。 

THE公式ハッシュタグ:#THE_LUNCHBOX
THE公式ハッシュタグリスト(公式note):THE公式ハッシュタグリストができました

THE LUNCHBOX

BRAND: THE

定価 ¥2,200
/
税込価格。合計5,000円以上購入で送料無料。

RECOMMEND PRODUCTS

カート