THE 醤油差し
THE 醤油差し

THE 醤油差し

世界一美しい、液だれしない醤油差し

BRAND
THE
RELEASED ON
2014/03
PACKAGE
本体のみ / 桐箱入り
SIZE
本体 / 80ml 4.7×11.3cm 桐箱サイズ / 11.5×5×5cm
MATERIAL
クリスタルガラス
MANUFACTURER
アデリア株式会社
CERTIFICATION
環境安全研究センター

SPEC

FORM

HISTORY

ENVIRONMENT

FUNCTION

MATERIAL

醤油差しに必要な機能は、何をおいても「液だれしないこと」。『THE 醤油差し』の開発は、これをクリアすることから始まりました。まずは、注ぎ口を一から設計。試作を繰り返し、上部に「くちばし」がないにもかかわらず気持ちいいほどの醤油切れの良さを実現しました。形状は、もっとも醤油差しらしいフォルムを目指しました。おそらく多くの人が醤油差しと聞いてイメージするであろう赤い蓋に円錐形ガラス瓶の、昔懐かしいあの醤油差しを基に、3点の改良を加えています。1つ目は素材。パーツはすべて、ガラス製。しかも、ガラスの中でも特に透明度の高い「クリスタルガラス」を使用しています。この結果、プラスチックと嵌合させるためのねじ込みが不要になり、より衛生的で、見た目もすっきりとしました。2つ目は、容量。醤油をおいしく保つには、鮮度が重要です。ただ、食の選択肢が増えた現代においては、醤油を使う頻度は以前より少なくなりました。そこで実容量を、鮮度が落ちないうちに使い切れる80mlに設定しました。3つ目は、サイズ感。胴体にくびれがある、持ちやすい形状はそのままに、高さ113mmと全体に少し小ぶりにしました。更に、底を厚めにすることで、倒れにくい構造になっています。 透明感ある美しい仕上がりは、洋食器・和食器はもちろん、どんな料理と並んでもなじみます。江戸時代創業の石塚硝子グループ・アデリア株式会社とTHEのコラボレーションにより、青森伝統工芸品「津軽びいどろ」の伝統的技法を持った指定工場で製造。醤油だけでなく、オリーブオイルやソース、お酢など何を入れても合う、「世界一美しい、液だれしない醤油差し」が完成しました。 【使用上のご注意】蓋と本体をセットする際は、 あまり力を入れずにセットしてください。 力を入れすぎたり、強くねじ込んだりすると、 とれなくなる恐れがあります。 本体とふたのミゾをつたって液体が流れる構造です。蓋がきちんと奥までセットしてご使用ください。液だれしたりし、汚れた場合は拭いて清潔に保って下さい。すり合わせ部分は、 詰まりやすく、 密着する場合がありますので、清潔に保って下さい。長期間使用しない場合、蓋がとれなくなる可能性がありますので、保管の際は良く乾燥の上、 本体と着の間に紙を挟むか、別々に保管して下さい。密着してしまった場合は、ぬるま揚に浸し、詰まった液体を取り除いてから、ゆっくり蓋を動かすと外しやすくなります。内容物を入れたまま横倒しにして保管しないでください。傷がつきますと破損しやすくなります。ガラス同士、あるいは硬いモノとぶつからないように扱って下さい。·洗浄時にガラスを傷つける恐れのある金属たわし、クレンザー等のご使用はお避け下さい。ガラスの中にナイフやフォーク、 スプーン等硬い物を投げ入れないで下さい。耐熱ガラスではありません。 急激な温度差で割れることがあります。電子レンジやオーブン等での使用は出来ません。 また、 お湯を入れたり、ガラスが温かい内に冷たい物を入れたり、 濡れた所に置いたりしないでください。手作り品のため色や柄、形、重さ等多少のバラツキがございます。   THE公式ハッシュタグ:#THE_醤油差しTHE公式ハッシュタグリスト(公式note):THE公式ハッシュタグリストができました note記事1 :「醤油差し」の前に、まず“醤油”について勉強してみた話 Soy Sauce Cruet #1 note記事2 : なぜ?と問いかけることでみえてくる「素材」の話 Soy Sauce Cruet #2 THE REVIEWS(公式note):"課題解決と情緒を両立させた"醤油差し THE ANSWERS(公式note):THE 醤油差し「栓が抜けなくなってしまった!」とお困りの方へ
詳しく読む

醤油差しに必要な機能は、何をおいても「液だれしないこと」
『THE 醤油差し』の開発は、これをクリアすることから始まりました。

まずは、注ぎ口を一から設計
試作を繰り返し、上部に「くちばし」がないにもかかわらず気持ちいいほどの醤油切れの良さを実現しました。
形状は、もっとも醤油差しらしいフォルムを目指しました。
おそらく多くの人が醤油差しと聞いてイメージするであろう赤い蓋に円錐形ガラス瓶の、昔懐かしいあの醤油差しを基に、3点の改良を加えています。

1つ目は素材。パーツはすべて、ガラス製。
しかも、ガラスの中でも特に透明度の高い「クリスタルガラス」を使用しています。
この結果、プラスチックと嵌合させるためのねじ込みが不要になり、より衛生的で、見た目もすっきりとしました。

2つ目は、容量。醤油をおいしく保つには、鮮度が重要です。
ただ、食の選択肢が増えた現代においては、醤油を使う頻度は以前より少なくなりました。
そこで実容量を、鮮度が落ちないうちに使い切れる80mlに設定しました。

3つ目は、サイズ感。胴体にくびれがある、持ちやすい形状はそのままに、高さ113mmと全体に少し小ぶりにしました。
更に、底を厚めにすることで、倒れにくい構造になっています。


透明感ある美しい仕上がりは、洋食器・和食器はもちろん、どんな料理と並んでもなじみます。

江戸時代創業の石塚硝子グループ・アデリア株式会社とTHEのコラボレーションにより、青森伝統工芸品「津軽びいどろ」の伝統的技法を持った指定工場で製造。
醤油だけでなく、オリーブオイルやソース、お酢など何を入れても合う、「世界一美しい、液だれしない醤油差し」が完成しました。

【使用上のご注意】
蓋と本体をセットする際は、 あまり力を入れずにセットしてください。 力を入れすぎたり、強くねじ込んだりすると、 とれなくなる恐れがあります。 本体とふたのミゾをつたって液体が流れる構造です。蓋がきちんと奥までセットしてご使用ください。液だれしたりし、汚れた場合は拭いて清潔に保って下さい。すり合わせ部分は、 詰まりやすく、 密着する場合がありますので、清潔に保って下さい。長期間使用しない場合、蓋がとれなくなる可能性がありますので、保管の際は良く乾燥の上、 本体と着の間に紙を挟むか、別々に保管して下さい。密着してしまった場合は、ぬるま揚に浸し、詰まった液体を取り除いてから、ゆっくり蓋を動かすと外しやすくなります。内容物を入れたまま横倒しにして保管しないでください。傷がつきますと破損しやすくなります。ガラス同士、あるいは硬いモノとぶつからないように扱って下さい。·洗浄時にガラスを傷つける恐れのある金属たわし、クレンザー等のご使用はお避け下さい。ガラスの中にナイフやフォーク、 スプーン等硬い物を投げ入れないで下さい。耐熱ガラスではありません。 急激な温度差で割れることがあります。電子レンジやオーブン等での使用は出来ません。 また、 お湯を入れたり、ガラスが温かい内に冷たい物を入れたり、 濡れた所に置いたりしないでください。手作り品のため色や柄、形、重さ等多少のバラツキがございます。

 

THE公式ハッシュタグ:#THE_醤油差し
THE公式ハッシュタグリスト(公式note):THE公式ハッシュタグリストができました

note記事1 :「醤油差し」の前に、まず醤油について勉強してみた話 Soy Sauce Cruet 1

note記事2 : なぜ?と問いかけることでみえてくる「素材」の話 Soy Sauce Cruet 2

THE REVIEWS(公式note):"課題解決と情緒を両立させた"醤油差し

THE ANSWERS(公式note):THE 醤油差し「栓が抜けなくなってしまった!」とお困りの方へ


THE 醤油差し

BRAND: THE

定価 ¥3,630
/
税込価格。合計5,000円以上購入で送料無料。

RECOMMEND PRODUCTS

カート