VISION

“最適”と暮らす

わたしたちが暮らす小さな小さなこの星の、
文明の歴史を紐解くまでもなく、

数えきれないほど多くの物がつくられ、
数え切れないほど多くの物が使われ、
そして、
数え切れないほど多くの物が捨てられました。

わたしたちは思う。
“もう余計な物は不要だ”と。

“最適とはなにか”と。

わたしたち人類にとってのみならず
他の生物にとっても“最適”とはなにか。
海や森や大地や空にとって“最適”とは、
この星にとって“最適”とはなにか。

そんな考えに辿り着く頃です。

だからこそ、わたしたちは考え続けます。
環境や経済や文化の“最適”に繋がる
精巧な定番とは何か、を。